御自影天神供養茶会

  御自影天神とは、遠州流流祖・小堀遠州公が
 信仰深かった天神様の御自影に大徳寺156世
 江月宗玩が賛をなされた一軸で、永く小堀家に
 伝来し、毎年2月25日にご供養してまいりま
 した。
 ちなみに読経の終わる頃にはその頬が赤く
 染まるという伝説のある、霊験あらたかな天神
 様です。
 ご供養の後、遠州ゆかりの茶道具を用い、
 茶会を行っています。

 顕彰会会員の方、会員のご紹介者及び遠州流 
 門人の方々に広くご参会頂いております。

    
   (要申込・会費25,700円)
一、日  時    平成30年2月25日(日)午前9時半から午後5時まで
 (天神様のご供養は午前9時より行います)
一、場  所    東京都新宿区若宮町二十六番地 遠州茶道宗家内
一、茶席開始時間
@9:30〜  A10:10〜 B10:50〜 C11:40〜 D12:20〜
E13:00〜 F13:40〜 G14:20〜 H15:00〜       
一、掛  釜    對酌亭にて   濃茶          山 崎 的 々 庵
          向榮亭にて   薄茶    家 元   不  傳  庵
一、お 点 心   合親亭にて                小 室 調 製
一、お 会 費     25,700円
〒162-0827 東京都新宿区若宮町26番地
公益財団法人 小堀遠州顕彰会 天神供養茶会係 
tel :03-3260-3551
fax :03-3260-3510
E-mail:kenshokai@enshuryu.com