公益財団法人 小堀遠州顕彰会 

  
  
  公益財団法人小堀遠州顕彰会は、村田珠光、武野紹鴎、千利休、古田織部と
  続いた茶道の本流を受け継ぎ大成し、徳川将軍家の茶道指南役として
  活躍した江戸初期の数寄大名小堀遠州の業績を顕彰・紹介し、我が国の
  文化の向上・発展に寄与することを目的として活動しております。
  小堀遠州はその「綺麗さび」という幽玄・有心の茶道体系を創り上げ、
  作事奉行として、桂離宮、仙洞御所、名古屋城などを建築し、大徳寺
  孤篷庵、南禅寺金地院などの造園にもその才能を発揮しました。
  美術工芸の面においては、中興名物の選定、高取・丹波・信楽・志戸呂・
  伊賀などの国焼の茶陶の指導や中国、朝鮮、オランダなど海外への茶陶の
  注文など多才な活躍をしました。
  このような小堀遠州の業績を顕彰するため、当財団では毎年5月に新緑
  美しい、京都・大徳寺孤篷庵(重要文化財)で遠州忌茶会を開催し、
  正会員の皆様を無料ご招待するほか、豪華講師の先生方による公開討論会
  や、特別展覧会、オランダ、シンガポールなど海外での文化交流茶会、
  出版物の刊行など幅広い活動をいたしております。

                  

 
入会のご案内 会員規約
財団設立趣意 寄附行為
役員 財務報告
寄付について 資料請求
事業報告事業計画 情報公開
                        財団主催事業                     リンク
遠州忌茶会(5月) 秋季講演会(9月)
御自影天神供養茶会(2月) 公開討論会(3月)
会報『天霽』 YouTube 動画配信中 (文化庁「日本文化の海外発信・茶道」)NEW!   

お問い合わせ
公益財団法人 小堀遠州顕彰会 
E-mail:kenshokai@enshuryu.com
〒162-0827 東京都新宿区若宮町26番地
TEL:03-3260-3551  FAX:03-3260-3510

(c) KOBORI ENSHU KENSHOKAI 1996